人気ブログランキング |

マラソン

今日は水曜日。
映画館の多くは女性デー(千円均一)のため、久しぶりに映画を見に行ってきた。
先月の「スカーレット・レター」以来。
e0003290_23163031.jpg作品は、楽しみにしていた大好きなチョ・スンウ氏の「マラソン」だ。

スンウ氏は自閉症の青年を演じているのだが、
この「マラソン」で韓国のアカデミー賞(名前をど忘れ)の主演男優賞を受賞したほど熱演している。

笑えるシーンも、涙を誘うシーンもあるが、全体を通して強く感じたのは、母親の愛だ。
よく「子どもは親の姿を見ている」とはいうが、この作品はまさにそんな作品だった。
2人のシチュエーションは全く異なるが、道に迷いそうになった兄と弟(弟役は「茶母」や「天国の階段」の子役のかわいい男の子)は、最終的には親の愛を感じ、親の真摯な姿を受け止め、あるべき姿(のぞむ姿)におのずと進んだように。

「マラソン」は韓国では「マラトン」と言うのだろうか。
ハングル読みでは、そう読める気がするが、断言するほどの自信はない(^^;)。
でも、映画でも「マラトン」と聞こえていたような、いないような。

少し残念だったのは、最後の雑誌取材に対するスマイルシーン。
個人的にはスンウ氏の笑顔LOVEなのだが、あの笑顔はちょっとストーリー的にありえないのでは?などと思ってしまったのだけど、どうなんだろなあ。

by leneko | 2005-07-13 23:18 | MOVIE