人気ブログランキング |

北京大学

e0003290_15565020.jpg北京大学の構内は、とてつもなく広い。
釣り人も多数いる未名湖という比較的大きな湖をはじめ、私には五重塔にしか見えない建物の博雅塔、教員や学生が生活する宿舎(官舎)、数多くある学食、商店、スーパー、銀行、銭湯(といっても、中はシャワールームらしい)など、敷地内にはありとあらゆるものが存在する。

e0003290_1557373.jpg構内には教員とも学生とも言えないような人たちも多くいる。彼らは脇で麻雀や将棋、トランプをしているのだが、老師が言うには、代行運転手(ただし、プロではない)とのことだった。

留学生の割合は、見かけた感じでは、欧米人>韓国人>日本人だ。
欧米人でくくってしまうと、ずるい気がするが、アジア系が多いと勝手に思いこんでいた私には、
この図式はちょっと以外だった。

e0003290_15571771.jpg彼らの中には、本当にこの人は勉強をしに来ているんだろうか、と頭をかしげたくなる学生もいた。
チャラチャラとした20代後半の日本人学生らを見かけたが、とてもうらやましく、うらめしく思った。完全に嫉妬してる、私。

本物?の北大生は、いかにも頭脳明晰に見える勤勉で地味なタイプが多い(眼鏡率、非常に高し)。

e0003290_15582493.jpg歩きながら英語のテキストを大きな声で音読している学生もいれば、学食で仲間とディスカッションしている学生もいた。
前途洋々の彼らは、仲間と共に学生生活を十二分に満喫し、それなりの努力を重ね、それなりの経験を積み、一回り大きく成長していくのだろう。

e0003290_15584031.jpg中国の頭脳は、こうして誕生するのか、と一人感慨深くなっていた。




e0003290_15591022.jpg



写真は上から、西門、東門、南門、留学生宿舎の勺園、哲学系の校舎入口、西門前にある眼鏡橋。

by leneko | 2005-09-25 15:53 | CHINA 中国