我が家にホームステイ?

今夜から日曜の夜まで、中国から高校生が我が家にホームステイする。
男子学生で北京からのチャンくんだ。
漢字でどう書くかもわからない名前。
たばこがとにかく嫌い。
自己分析すると、楽観的。
趣味はコンピューターと水泳。
彼に関する情報が少ないだけに、我が家は期待と不安でいっぱい。

さて、何をするか。 e0003290_13162759.jpg
明日は車で遠出を計画中。
今夜、横浜中華街、日光、箱根、鎌倉の中から、興味ある場所を彼に聞いて行くつもり。
日曜日は、秋葉原、皇居、渋谷あたりに連れて行こうかと考えているのだが、
高校生の男子がどんなところに興味があるのかさっぱりわからないので、四苦八苦している。
東京ディズニーランド、浅草、六本木ヒルズ、国会議事堂、お台場は
別の日に団体で行くようで、ホッとひと安心。
身重の身体で休日のディズニーランドは地獄だし(若い世代の中国人だと、一番興味のある場所はディズニーランドらしい)。

e0003290_13142345.jpg家の中には、トイレとお風呂の使用法を書いた紙を貼っている。
べんきょうマンをモデルに撮影し、文を考え、レイアウト作製した。
中国語の老師に見せたら、爆笑していた。
この思い、チャンくんに伝わるといいんだけど。

[PR]
# by leneko | 2006-07-28 13:25 | CHINA 中国

暑く重い大きなお腹

すっかり冬眠している間に、私のお腹はすごいことになっている。
妊娠8カ月。
今日は、5月末まで勤務した会社の仲間との月に一度の飲み会だったのだが、
先月から格段に膨らんだお腹を見て、「おおっ、大きくなったね〜」と微笑まれてしまった。
独身時代には、結婚も出産も全く興味のない生活体験の一つだったが、
いざ自分がそれぞれを体験してみると、寂しい&つまらないとは無縁だった勝手気ままなシングルライフを送っていたあのころよりも、今が充実したものであることを感じる。
こんなこと考えるようになったのは、やっぱり歳とったせいかも。
とはいっても、あと2カ月後におとずれる育児のことを考えると
楽観的な私でいていいのやら悩む。

仕事・引っ越し・つわりで半年近く遠ざかっていた中国語の勉強を、時間を持て余している最近は復活した。
明日から3日間、中国からの高校生が我が家にホームステイする。
お腹の小宝宝儿にも聞こえるように、しっかり会話しないと!
胎教だ−。

[PR]
# by leneko | 2006-07-27 23:41 | OTHERS

頑張れ、グムスン(굳세어라 금순아)

更新から遠ざかっていた間、私の人生は変化してマシタ。
恥ずかしながら、1月末に妊娠が発覚し、現在つわり真っ盛り。
毎日ゲーゲー吐いてます。

e0003290_144646.jpgこんな話はおいといて、シネマート六本木で開かれた「韓流シネマ・フェスティバル2006」にて上映された「頑張れ、グムスン」を鑑賞した。
はまりにはまったテレビ版「頑張れ、クムスン」とタイトルが同じなだけに、過剰な期待いっぱいで見たが、軽~いノリに結構楽しんでしまった。
テレビ版とは内容は全く異なり、映画版「グムスン」は痛快コメディー。涙なぞ、1滴もこぼれない。
ペ・ドゥナしかこの役は似合わん! と言いたくなるほどのハチャメチャ劇で、
元バレーボールのスター選手という設定も文句なし。
170センチ以上も身長があると、足がこんなに長いのねえとどーでもいいことに妙に感慨深くなってしまった。

しかし、彼女の娘役の赤ちゃんは、すべての人に「丸々と太った赤ちゃんだ。将来は将軍だな」と言われていたが、韓国では立派な身体つきの赤ちゃんに「末は将軍」というほめ言葉をかけるものなんだろうか。
日本ではまずないよなあ、そんなほめ言葉。
21世紀の日本で「将軍」と例えられても、いまいちピンとこないし。
まだ3センチほどしかない私のおなかの中の子どもも、
いずれは「将軍」と呼ばれるかも。母親に似て。とほほ。

[PR]
# by leneko | 2006-03-14 23:45 | MOVIE

単騎、千里を走る。

人によって私のケンさん(またはケンさま)というのは、松平だったり、平井だったりするが、私の場合は子どもの時分から高倉健さん一筋。
ということもあり、氏の「単騎、千里を走る。」を見た。

e0003290_17242360.jpg健さんにはぴったりの役で、緊張しながらビデオカメラの前に立つ姿、言葉の通じない中国人とのコミュニケーションにとまどう姿など、不器用なんだけどやっぱいい男を演じきっていた。

彼は今年75歳。
あの年で、背丈は高く、背筋はまっすぐ、お腹も出ていない、顔はしわが増えてはいるが、ものすごくかっこいい。
劇中はハンチング帽&タートルネックの装いで終始通しているのだが、これがまたよく似合う。
こんなかっこいい75歳、日本にはほとんどいない(キッパリ)。
まして、撮影地である中国の田舎では、彼のような存在は驚くべきことだったろう。

チャン・イーモウ監督の作品は「あの子を探して」「初恋の来た道」しか見たことないが、「単騎、千里を走る。」もテイストは2作品と似ていた。田舎の人々、街並み、自然、素朴さが十分に伝わるという点では。

かなり大雑把でいい加減なところも多いんだけど、真剣な気持ちに対してはしっかり汲んでくれる中国人の良さがとてもよく表れており、ほんわかと温かい気持ちになった。さすが、田舎を撮らせたら1,2を争う名監督だけある(勝手にそう思いこんでる?)

「涙、涙の感動映画です。やられました」などと軽々しくお勧めはしないが、興味を持ったようであれば「ぜひ」。

[PR]
# by leneko | 2006-02-08 23:23 | CHINA 中国

恵方巻き

気づくと、節分の日に恵方巻きを食べるという風習が一般的になっている。
元々は関西地区で商売繁盛を祈る人らによって、作られた習慣だったそうだが、
関西以外の地区でもそれは広まっていった。

今日は節分。
豆は買わずに、恵方巻きだけを買って帰宅した。
駅ビルの寿司屋で販売するものは、かなり大きく、値段も1本1200円と高かったため、
貧乏者の私はコンビニへ足を運んだ。

べんきょうマンは飲み会のため食事が不要だったので、夕飯の準備は自分のためだけにすればいい。
そんな私にピッタリのミニ恵方巻きが置いてあったので、迷わず手にとり、レジへ向かった。

e0003290_22444822.jpg食卓にてーー。
帰宅したのは9時過ぎ。
9時から11時の間に、宅急便が来ると言う。
「もし、恵方巻きをかぶりついているときに、宅急便が来たらどうしよう」
「無言で応対できるのか」
「かぶりついたまま、応対するか」
インターホンで無言応対することは至難の業だ。
数秒間、恵方巻きを食べるに当たって、悩みに悩んだ。
結果、食べている間に来訪したとしても無視することに決め、南南東を向きながらがむしゃらにかぶりついた。
無事完食。

宅急便が来たのは、40分後のお風呂から上がった直後だった。
濡れ髪&すっぴん&パジャマで応対してしまったが、そっちの方が巻き寿司をかぶりついて応対するよりも、恥ずかしかったかも。おじさんも妙な顔で見ていたし。

[PR]
# by leneko | 2006-02-03 22:46 | JAPAN 日本

カーテンのない生活

ブログ更新が遠のいていたあいだ、新居へ引っ越しをした。
年末年始もその準備で翻弄され、仕事の合間にせっせこせっせこ……。
1月末にようやく作業も終わり、いまは悠々自適な生活を送っている。
と書きたいところだが、そうでもない。

e0003290_1523413.jpg東京タワー、レインボーブリッジが見えるなど、眺望は抜群ではあるが、カーテンがない。今の時期はとても寒い。
光り物好きのべんきょうマンがウキウキでフローリングのコーティングを行ったため、家計は火の車。
カーテンを買うお金と買いに行く時間がない。

今週末にはソファとテレビ台、ダイニングテーブルが来るので、少しは部屋らしくなりそうだが、本やCD、DVDの整理などまだまだ私の作業は続く。あー、つらい。
写真は洋室からの眺め。レインボーブリッジが見える

[PR]
# by leneko | 2006-02-03 08:21 | OTHERS

「日曜日は楽しい」宮崎ロケ

e0003290_22592319.jpg今日は私の故郷である宮崎のシーガイアで、韓国のTV局SBSのバラエティー番組日曜日は楽しいの収録が行われた。

このニュースを知った土曜日には、実家の母に電話をし、見に行ってくれば?と誘ってみた。
母からは「インソンくんが出ないならいいや」と消極的な答えが返ってきた(彼女はチョ・インソンの大ファン)。
私の代わりに誰かに行ってもらいたいと思い
昨夜、キム・レウォン好きのおばと電話で話した際にもつい声をかけてみた。
しかし、おばの答えもどうも素っ気ない。というか興味ある人がいないのか、かなり他人事のよう。

今回の収録のゲストは、パク・ミュンス、ジ・サンリョル、キム・ジョンクク、シン・ヘソン(神話)、HAHA、イ・スンギ、イ・ミンギ、チェ・ヨン、シン・ジ、シ・ネ、ジャン・ヒジン、キム・スヒュン、チェ・ジンシル。
お気に入りのイ・スンギくんや「クムスン」の義兄を演じたイ・ミンギ、05年には人気爆発した歌手キム・ジョンクク、人生いろいろ「バラ色の日々」女優チェ・ジンシルらが出演すると聞いて、見に行くことはできないとわかっていながらもその豪華な出演陣に大興奮してしまった。

10時から16時にわたって行われた公開録画には、遠くは北海道からの観客がたくさん来ていたという。
客層は若く、そのニュース見た母は
「やっぱり行かなくてよかったわ〜。私が行っていたら1人で平均年齢を上げていたわね」と言っていた。
ゲストが若い歌手が多かったせいか、想像されるようなヨン様おっかけマダムは限りなくすくなかったようだ。ほんと、見たかったなあ。残念無念!

[PR]
# by leneko | 2006-01-16 23:06 | KOREA 한국

免許更新

免許更新のため「神奈川県免許センター」へ行った。

2週間後には引っ越すため、あと1カ月更新期間が長ければ好都合だったのだが、
更新と住所変更を同時にする方法としては失効のみだった。
過去に一度、免許更新期間中に住民票のある場所を離れていたことがあり、
失効したことがある。
失効すると講習代が高くつくだけでなく、更新期間が短くなる。
つまりゴールドカードから縁遠くなるのだ。
このときには避けられない理由があり、失効する結果となったが、
今回は無駄な経費は使うなかれということで失効という選択はしなかった。

e0003290_15564395.jpg日曜日だからか、朝8時だというのにすでに200人近い人が並んでいる。
終わる頃には1000人近い人がいた。
多くの人が休みを取る土日のうち、土曜日は免許センターは休みなので、
どうしても日曜日に用を済ませる人が多いのだろう。
たとえば平日の2日くらいは夜遅くまで受付可能とか、
平日に1日休みで土日はどちらも受付可能とか、
もう少し市民のことを考えてくれればいいのに……。

今回も古い免許証を記念にもらって帰った。
これで4枚目。
私の顔の歴史がここには残っています。太った太った(^^)

[PR]
# by leneko | 2006-01-15 15:31 | OTHERS

熱海の保養所へ行く

e0003290_14533784.jpg金曜の夜から、お隣の部署の新年会旅行に合流。
終業時間の6時ちょっと前に会社を出て、品川から「こだま」に乗って熱海へ向かった。
車内には私たちと同じような社内旅行グループがおり、
ビール片手にほろ酔い気分の人もいた。
もちろん、私もその一人。

初めていく会社の保養所は、モダンなつくりで、
以前いた会社の保養所とは比べものにならないくらいとてもキレイ。
しょぼい旅館だろうと踏んでいたから、
こじんまりしたホテルのような建物に腰を抜かしそうだった。


e0003290_14552970.jpg到着まもなく、食事タイム。
夕飯+オプションで頼んだ刺身盛りを食べながら、ビール、焼酎、日本酒を楽しんだ。
食事の後は、温泉。
小さいがちょっぴり熱いお湯が身体を刺激して気持ちイイ。
「温泉サイコー!」
日本人で良かったとつくづく思う(?)。

22時過ぎからはカラオケルームで熱唱。
なんと3時まで歌い続けた。
メンバーは風邪で先にお休みされているマネジャー以外の6人。
オレンジレンジから福岡県民謡の黒田節や三橋美智也の武田節まで、ずいぶんと幅のある曲目が披露された♪
奇声を発したり、ノリノリで踊ったりと日々の業務では見られない姿に仰天!!!
まあ、もちろん私も飛んだり跳ねたり年甲斐もなく頑張ってみたが……。

e0003290_1455386.jpg翌朝は7時に起床。
朝風呂を浴び、朝食を摂った。
毎朝座っているだけで朝ご飯が出てくればいいのに、なんて思いながらムシャムシャムシャ。ご飯もしっかりお代わりしたのです(^^)

10時のチェックアウト前に、リラックスルームでマッサージチェアを満喫。
社員旅行なんて最悪、と思っていたけれど、嫌いじゃない同僚と来るんだったら楽しいモンだなあと痛感した1日だった。ハハハ(・・;)

写真は上から、宿泊した部屋、夕飯の一部、ラウンジ

[PR]
# by leneko | 2006-01-14 14:52 | OTHERS

中国人に多い姓 ベスト5

今日の朝日新聞朝刊国際面にこのような記事が。

「中国人のの姓、多い順に李・王・張・劉・陳」
「1位の『李さん』と2位の『王さん』は、それぞれ1億人に迫っている」

確かに私の友人や老師にも李さんや王さんは複数人いるけれど、1億人近くも同姓がいるってちょっとビックリ。
日本人が全員佐藤さんみたいなもんですよ、そんなことになったら困る!(ならないって?)。

以前老師に聞いた話では、
20〜30年ほど前に「姓1文字+名1文字」の名前(ex:李静)が流行ったそうだ。
しかし、姓がさほど多い訳でもなく、時代時代によって名の流行もあるため、同姓同名の人がたくさん出てしまってさあ大変。
同じクラスや親戚にも同姓同名がいることもしばしばだったとか。
授業中には
「背の低いルネコさん、次のパラグラフを読んでね」
とか
「次は顔の丸いルネコさん答えて」
とか老師に言われるのかしらん。

検索エンジンで自分のフルネームを検索したところ、旧姓では1件(今の名字はなし)の同姓同名が該当した。
該当者は東北大学の化学専攻の大学院生だった。
私とは全く異なる素晴らしい肩書き。
「頭のいい方のルネコさん」(東北大の君)
「頭を全く使っていない方のルネコさん」(leneko)
とか言われたら、ちと悲しいかも。トホホ

[PR]
# by leneko | 2006-01-12 23:27 | CHINA 中国