石坡廊(ソクパラン)

23日のランチは、景福宮の裏側(山を越えたところ)にある「石坡廊(ソクパラン)」へ行って来た。このお店は政府要人なども訪れるという伝統韓定食の専門店。また、ソウル市の文化財に指定されている、築160年の韓国伝統家屋でもある。

私たちは4号線恵化駅からタクシーで行ったのだが、景福宮の裏あたりで、警備しているちょっと強面のポリスマンら(しかも銃を持っている。ただごとではない!)が道路を通過する車1台1台に検問していた。
何か行事があるのかと思っていたら、青瓦台(チョンワデ:大統領官邸)の横道を通っていたのだ。
青瓦台は初めて見たが、美しく貫禄十分の建物だった。
あんなところに一度お呼ばれしたいものだ(現実にはあり得ないだろうが)。

石坡廊には日本からテキスト翻訳した韓国語のメールで予約(下記参照)をしていたが、返信がなく予約が取れているか不安だったので、ホテルのコンシェルジュに電話で再確認をしてもらっていた。
無事予約はされていたようで、当日も問題はなかった。
3人(母、妹、私)ともランチのみの木蓮定食(35000ウォン)を頼んだ。

e0003290_22584041.jpg次から次に運ばれてくる料理は、どれも品良く盛りつけられ、味もあっさりとして美味。
カルビ焼きは下味された梨の味が甘く残っていて、今でも忘れられない。
コースのクライマックスには食事が出るのだが、ビビンバかチゲを選べた。
私はビビンバを頼み、日本語が上手に話せるスタッフさんの提案でスープはテンジャンチゲに替えてもらった(もともとはわかめスープかもやしスープなのか不明)。
軽い食事だと思っていたのに、ナムルセットみたいなものや、キムチも付いてきて、想像以上に豪華。この段階ですでに満腹になった。


e0003290_22585135.jpg
最後のデザートには、凍らせ柿と黒米で作ったトック(お餅)、そして五味茶。
これが格段に美味しかった。
凍らせた柿がこんなに上品な甘さであることを生まれて初めて知ったし、黒米のトックは餅好きな私には「また一つ美食ライブラリーに追加!」とウキウキ気分にさせてくれた。
五味茶は初めて口にしたが、本当に五つの味がする。誰がこんな飲み物を考えたんだろう。苦みはあるが、たまに飲むにはいいのかもしれない。薬じゃないけれど、良薬は口に苦し、という言葉が頭の中で踊っていた。

日本円で言えば3600円くらいのコース。
値段だけで言えば、決して安くない。
確かにお昼には贅沢かもしれないが、コストパフォーマンスは十分高いので、たまに行く旅行であれば、ぜひ試されてみては。お勧めです。

========================================
【このようなメールを送って、予約しました】

(件名) 예약을 부탁합니다.

(本文)
예약을 부탁합니다.
7월 23일 12시 30분(점심)
어른 3명
희망:목련 정식(중식)
대표자:MS.●●●●●● from JAPAN

7월 21일부터 웨스틴조선호텔로 숙박합니다.
TEL:(82)(2) 771 0500
※ 나는 한국어를 할 수 없습니다. 이 메일은 번역소프트를 사용하고 있습니다.

↓(翻訳すると)

(件名)予約をお願いします

(本文)
予約をお願いします。
7月 23日 12時 30分(お昼)
大人 3人
希望:木蓮正式(ランチ)
代表者:MS.●●●●●● from JAPAN

7月 21日からウェスチィン朝鮮ホテルで泊まります。
TEL:(82)(2) 771 0500
※私は韓国語ができません。このメールは翻訳ソフトを使っています。

[PR]
by leneko | 2005-08-02 17:25 | KOREA 한국