頑張れ、グムスン(굳세어라 금순아)

更新から遠ざかっていた間、私の人生は変化してマシタ。
恥ずかしながら、1月末に妊娠が発覚し、現在つわり真っ盛り。
毎日ゲーゲー吐いてます。

e0003290_144646.jpgこんな話はおいといて、シネマート六本木で開かれた「韓流シネマ・フェスティバル2006」にて上映された「頑張れ、グムスン」を鑑賞した。
はまりにはまったテレビ版「頑張れ、クムスン」とタイトルが同じなだけに、過剰な期待いっぱいで見たが、軽~いノリに結構楽しんでしまった。
テレビ版とは内容は全く異なり、映画版「グムスン」は痛快コメディー。涙なぞ、1滴もこぼれない。
ペ・ドゥナしかこの役は似合わん! と言いたくなるほどのハチャメチャ劇で、
元バレーボールのスター選手という設定も文句なし。
170センチ以上も身長があると、足がこんなに長いのねえとどーでもいいことに妙に感慨深くなってしまった。

しかし、彼女の娘役の赤ちゃんは、すべての人に「丸々と太った赤ちゃんだ。将来は将軍だな」と言われていたが、韓国では立派な身体つきの赤ちゃんに「末は将軍」というほめ言葉をかけるものなんだろうか。
日本ではまずないよなあ、そんなほめ言葉。
21世紀の日本で「将軍」と例えられても、いまいちピンとこないし。
まだ3センチほどしかない私のおなかの中の子どもも、
いずれは「将軍」と呼ばれるかも。母親に似て。とほほ。

[PR]
by leneko | 2006-03-14 23:45 | MOVIE