次男初めてのお勉強

長男の受験勉強の最中から、
自分も勉強したい!と横に座っていい続けていた次男。
これがずっと続ければ、そりゃー感心な息子だけど、と思うものの
きっと今だけなんだろうなあと母さんは思っていました。

入学先が決まり、1週間ほど、母子ともにのんびりだらりな夜を過ごしていましたが、
さすがにこのまま4月を迎えるのは危険だと思い、
昨夜からまた勉強を再開しました。
といっても、時間は短く、30分程度で。

e0003290_11525460.jpg
同時に、次男の勉強を開始しました。
長男が勉強を開始したのが3つになったばかりなので、
次男は半年ほど遅い3歳半からのスタートです。

昼間に購入しておいた問題集を与え、
とりあえず、2問だけ解いてみました。
保育園ではぬりえやお絵かきをしますが、自宅ではほぼ初めて(おえかきは一人で経験済み)。
昨日の問題は、見本と同じものを見つけて、線でつなぐというものでしたが、
上手にできていました。
この手の問題の発展系は、小受の問題集にも出てきます。
一度受験を経験すると、どうやって教えればいいかがわかるので、
教える側としても、強弱のポイントがつけやすいかもとかも考えながら取り組むことができました。

毎日少しずつ(20分とか30分とか)続けると力が確実につくと思います。
わかっているけれど、続けられないのは、至極まっとうな答えです。
小学校の担任の先生が卒業時に
「継続は力なり」と書かれた色紙をプレゼントしてくださりました。
今も実家の私の部屋に飾っていますが、
まさにその通りですよね。

次男にも毎日続けるという力をつけさせたいです。
が、どーかな(笑)。
子どもたちに楽しんで力をつけさせるというのも、母さんの腕の見せ所ですな(^^;)
[PR]
by leneko | 2012-11-20 22:36 | 小学校受験